ホーム>新着ブログ>宝物をいただきました
新着ブログ

宝物をいただきました

2021121413348.jpeg 私の大切な小5だった生徒さんは12年前の当スタジオの発表会(プチ・リサイタル)の翌日、闘病の末11歳になる前に天国に旅立ちました。4歳から習ってたかな。
翌年のプチ・リサイタルでは追悼の作品を子供から大人までみんなで踊りました。

可愛かった思い出は勿論たくさんありますが、これは体力も無くなって寝たきり、話せず目も開けられなくなる少し前に力を振り絞って一生懸命に書いた毛筆作品。
ご自宅へお見舞いに行った時にはすでに会話も出来なくなっていましたが、その時お部屋に飾ってあったのがこの「花」です。

ひと目見た時から、何か物凄く勇気が湧くような力強さや優しさを感じ、ずっとそばに置きたくて、この12年間ずっと思い続けていました。
この秋、お母様とゆっくり話す機会があって私の気持ちを伝えることができました。今年は13回忌。そして「コロナが落ち着いたら持っていきます」と言うお言葉通り、先週の金曜日に予告なく突然スタジオに届けてくださったんです!
感動しました!!
本当に嬉しくて嬉しくて...

彼女は私の心の中でずっと生き続けているのですが、この作品を改めて見るとまた新たに何か感じるものがあります。
(実は私が小学生の頃に習っていたお習字の先生がこの生徒さんのおじいちゃまでした。朱色の墨はおじいちゃまからかな、などと勝手に思っています)

日曜日、施術会の後に大掃除をしたので、綺麗になったスタジオの入り口に飾ることにしました。お迎えに来られたお母様方も是非中に入って見て下さいね。