ホーム>新着ブログ>牧阿佐美先生 教師過程
新着ブログ

牧阿佐美先生 教師過程

2021111391625.jpeg 牧阿佐美先生を偲びながらブログを書かせていただきます。

幸子先生が牧阿佐美先生の教師過程を修了したのはもう30年以上も前なんですね。
まだ、今ほどバレエ教師が指導方法を学ぶ場がなかったその頃、幸子先生はバレエ仲間からご縁をいただき阿佐美先生の指導者クラス(大阪で開催)に毎月(だったかな?)通っていたことを思い出します。私はまだ中学生くらいだったと思うので詳しい内容は分かりませんが、同じ動きでも役柄によって違うスタイルで表現することなども教わっていたのはその頃だと思います。
阿佐美先生はご存知の方はもちろん、ヒールの高いツッカケで指導なさるのも有名でしたね。私自身も講習会で教わったとき、そんな不安定なものでクルッと回って見せたり細かいステップを見せたりして凄いな〜と、子供心に感心したことは今もよく覚えています。
そこからまたご縁がああって私たちは長い間、豊川美恵子先生にもお世話になることになりました。豊川先生はお若くして亡くなられましたが阿佐美先生のことを心から慕っておられ、私たちもいつも阿佐美先生を身近に感じることができていました。

阿佐美先生が2008年に文化功労者の顕彰をされた時は、親子で祝賀パーティーに参加をさせて頂きました。各界の方がいらっしゃったはずですが、やはりダンサーが多くかなり華やかなパーティーでした。懐かしい...
頻繁には行けませんでしたが、新国立劇場の公演にも何度か足を運びました。毎回阿佐美先生や旦那さまの三谷恭三先生とご挨拶させて頂きましたが、いつも「覚えていますよ」と大阪から観劇に訪れた私たちに優しく声をかけてくださったことを思い出します。トレードマークの赤かグリーンのスーツ姿!今でも目に焼きついています。

先生のご指導があったから、幸子先生はさらに私に指導者として学ぶことに大切さを教えてくれました。そして私は様々な指導者のクラスを受講させてもらい、体に優しい解剖学を大切にしたスタイルや、本場ロシアのワガノワ指導法も身につけることになりました。

阿佐美先生との出会いがなかったら今の唐木幸子バレエスタジオは存在しません。
阿佐美先生、長い間本当にありがとうございました。これからは天国から、厳しく、そして愛情のある眼差しでバレエ界をお見守りください。