ホーム>新着ブログ>2017年5月

2017年5月

関西二期会オペラ公演に出演

2017530047.jpg"

今日は珍しく私ごとで出演した公演のご報告です。
5/25〜5/28まで関西二期会オペラ公演『イリス』のゲネプロ二日間、本番二日間でアルカイックホールに毎日通いました。急遽出演が決まって約一ヶ月で本番を迎えましたが、貴重な経験をたくさんさせて頂きました。参加できるリハーサル回数も少なく、しかし、ハイレベルの演出家の要求に応えるため大変でしたが、それらを含め私は舞台が好きだと思いました。関西二期会とイタリアのリヴォルノ ゴルドー歌劇場との共同制作『イリス』。現地の責任者の方も観に来られており、ダンサーへの高い評価を頂き感激しております。この素晴らしい舞台に出演の機会を与えられたことに感謝します。












201753001541.jpg

 

そして本番幕間の写真です
衣裳の早替えに追われ全幕、そして休憩中も常に楽屋裏を草履で走っていましたが、四日目には慣れて来て少し余裕が有りました。たくさん載せたいですが一応珍しさの一番としてこの花魁姿です。
基本的にはクラシックバレエを学んで来ましたが、コンテンポラリーやジャズ、芝居など何にでも興味を持ち、日々の生活でも様々なことに目を向け大切にして来たことが、こんな緊急時にも度胸として役立つのだとも思いました。一つのことを続けて来たこと、続けられたことにも感謝します。
そして、来週も垂水のジェームス邸という式場でのイベントが有り未完成の振り付けをしています。6月末には外部の発表会に出演致します。
そしてもちろん当スタジオの発表会のリハーサルも本格化して来ています。今週は男性リハが二日連続あります!
どれも大切な舞台ばかりです。全てをしっかりこなせるよう頑張りますので皆様よろしくお願い致します。

録音作業

2017514112429.jpg 先週木曜日の昼レッスンのあと音響さんに機材持ち運びで来て頂いて、発表会のための曲を編集、録音しました。
普通はもう少しリハーサルが進み、本番近くになってからの作業だとは思いますが。
今年は20年振りに「火の鳥」の上演ですが、前回編集して本番で使用したテープは何とオープンリールでした!時代を感じますね...テープそのものを実際にカッターや粘着テープで切り貼りしていた当時と違い、音のカットやツナギなど全てデジタル作業になり、私もそこそこ扱えるのでどうしても無理なところをお願いするだけの作業で済みました。何だか楽だけど寂しいような気もします。私が小学生の頃から全ての発表会でお世話になっている音響さんです。
ただ、今年は専門家の機材では読み込みが上手くいかないCDなどもあり、うちのスタジオで普段から使用しているCDデッキが活躍することになりました!まさか役に立つとは思いませんでしたが、これで滞りなくなく当日のうちに作業を終えることが出来たんです。良かった良かった。
音響の萩○さん、今年もありがとうございました!!